今すぐ知りたい!胃の症状と対策

今すぐ知りたい!胃の症状と対策胃の不快症状の原因を探る

胃の働きに影響を与える要因

ピロリ菌

胃の中は強い酸性に保たれているので、胃の中に生物は住めないと長年考えられていました。ところが、1980年代に胃粘膜の中に生息する「ヘリコバクター・ピロリ菌」の存在が明らかになり、この菌によって胃炎・胃潰瘍などが引き起こされることがわかってきました。我が国ではおよそ6000万人がピロリ菌に感染しているといわれています。

ピロリ菌ってどんな菌?

芋虫のようならせん状の菌で、プロペラのようなひげ(べん毛)が生えています。ピロリ菌は、このべん毛を使って胃粘膜に進入し、潜伏しています。そして胃を守る粘液層がピロリ菌の住家になります。
ピロリ菌は細胞に対する毒素を出すだけでなく、ウレアーゼという酵素を持っていて、その酵素が尿素を分解してアンモニアを作ります。そのアンモニアが直接胃壁を傷める原因ともなります。なぜ、強酸性の胃の中で生きることができるかというと、アンモニアで菌の周りの酸性を弱め、自分の周りを中性化しているからです。

どうやって感染するの?

ピロリ菌は、子供の頃の免疫が不十分なときに経口的に感染します。
上下水道が整備されていない国や地域では感染率が高く、先進国では日本だけが特別に高い感染率を示しています。その感染率は50歳以上では70~80%ととても高く、これは子供の時に井戸水を飲用していたためと考えられています。一方、10~20代では15~25%と他の先進国の若年者感染率と同程度です。

気になる症状がある場合は、医師へご相談ください。

今すぐ知りたい!胃の症状と対策