知ってびっくり!胃の世界

粘液生き物図鑑

アサガオガイ

粘液で作った風船のイカダでプカプカ アサガオガイ

貝といえば、砂や泥に潜っていたり、岩や石に付いていたりというものがほとんどです。しかし、アサガオガイは風船のイカダにつかまって、プカプカと海面を浮遊して生活しています。

このイカダを作っているのがアサガオガイの足の裏から出る粘液です。アサガオガイは水面の空気をこの粘液で包み込み小さな風船を作り、それをつなげてイカダにしていきます。風船が古くなると、その都度新しい風船をつなげていきます。こうして、アサガオガイは海面をプカプカと漂い、同じように海面を漂うクラゲを食べて生活しています。

また、貝殻の美しい青紫色は海の色で、カツオやマグロなどの魚の目をごまかす保護色になっているそうです。

知ってびっくり!胃の世界