知ってびっくり!胃の世界

粘液生き物図鑑

カメレオン

粘液で捕食の精度がアップ カメレオン

メレオンと言えば、体の色の変化、左右別々に動く目、そして、長く伸びる舌。樹の上で暮らすカメレオンはこの舌を伸ばして鮮やかに生きた昆虫を捕まえます。舌の長さは体長の1.5倍、引っ張る力はほぼ自分の体重と同じ程度とか。カムフラージュのために体の色を変え、左右の目を別々に動かして体を動かさずにすべての方向の獲物を探します。獲物を見つけると、両眼で見て距離を測ります。しかし昆虫は動きが素早く、カメレオンが枝を走って追いつくのは不可能です。そこで離れた場所から捕まえられるように、長く伸びる舌が役立ちます。舌はらせん状で、ふくらんだ先端は粘液でネバネバした蠅取り紙のようになっています。チョウなどの昆虫は一度捕らえられると逃げられません。こうした舌の粘液と目の構造が、カメレオンを樹の上の名射手にしているのです。

知ってびっくり!胃の世界