知っていると安心!家庭の胃学

主な胃の病気、胃の状態や症状病気かな?と心配する前に

胃拡張

胃拡張とは、胃の内容物が十二指腸へ移動できない排出障害によって、胃が異常に大きくなることをいいます。

  • 単に食べ過ぎて胃が重いのは、胃拡張ではありません。

症状

  • 上腹部にはった感じがある。
  • 嘔吐すると、かなり前に食べたものが混じっている。

原因

胃の出口付近の潰瘍が治った後にできる瘢痕[はんこん]やがんにより、胃の出口が狭くなることによって起こります。また、手術後、重症の感染症、糖尿病性神経障害などにより、胃の排出機能が低下することも原因として考えられます。

治療

嘔吐をくり返すことで脱水症状を起こしている場合には、点滴などによる処置が必要となります。また、症状を頻繁に感じるような場合には胃の出口の狭窄[きょうさく]部分を手術で治療する必要があります。

そのほかの胃の病気、胃の状態や症状

製薬会社エーザイの胃ぐすり
製品情報

弱った胃を粘液のベールで整える

胃がスーッとなる緑の胃ぐすり

知っていると安心!家庭の胃学