主な胃の病気、胃の状態や症状

胃けいれん

胃けいれんは、胃壁にある筋層が異常に緊張して痛むために、あたかも胃がけいれんしているかのように感じるものです。

  • 胃けいれんは症状に対する呼び名で、病気ではありません。
  • 原因となる病気を見つけることが大切です。

症状

  • みぞおちのあたりを中心に痛みの発作が起きる。
  • 発作の時間は数分から長いものでは1〜2時間続くこともある。

原因

胃炎や胃潰瘍、胃がん、十二指腸潰瘍、胆石症、膵炎などの可能性が考えられます。
また、強いストレスを感じて緊張しすぎた場合にも起こることがあります。

治療

痛みを抑えるために鎮痛鎮痙薬を用います。
専門医による血液検査や胃腸のバリウム検査、内視鏡検査などで胃けいれんの原因を調べ、原因がわかったら、原因に対する治療を行います。

そのほかの胃の病気、胃の状態や症状

家庭の胃学(急性胃炎・胃がんなど)

主な胃の病気、胃の状態や症状
急性胃炎
慢性胃炎
胃潰瘍
胃がん
ポリープ
逆流性食道炎
食中毒
胃下垂・胃アトニー
胃けいれん
胃拡張
不安解消。病院で行う胃の検査
バリウム検査
(X線・レントゲン)
内視鏡検査
ピロリ菌検査

胃の状態をチェック!

家庭の胃学

胃のサイエンスは、セルベール・サクロンの商品情報やCM紹介をはじめ、あなたの胃のもたれ、痛み、むかつき、膨満感、二日酔いなどの不快症状の原因や対処法について解説する胃の総合情報サイトです。胃薬の正しい飲み方・選び方、胃の病気についても解説しています。

胃のサイエンスは、胃のもたれ、痛み、吐き気、膨満感、重み、胸焼け、食欲不振、二日酔いなどの不快症状の原因や対処法、胃の病気や検査について解説しています。