知っていると安心!家庭の胃学

主な胃の病気、胃の状態や症状病気かな?と心配する前に

ポリープ

胃のポリープは、粘膜の表面にできる、小さなこぶのようにふくれたものです。かつては、ポリープは胃がんになる前の状態と考えられていましたが、最近ではポリープの細胞組織に問題がなければ(良性)、がんになる心配がないことがわかっています。

  • ほとんどが検診や人間ドックなどのバリウム検査で見つかります。
  • 良性であることが多く、小さいものは、治療の必要はありません。

症状

  • 自覚症状がほとんどない。
  • まれに、上腹部の不快感や痛み、食欲不振、吐き気などを感じることがある。

原因

高齢者に多いことから細胞の遺伝子の変異と考えられていますが、まだよくわかっていません。最近では、ピロリ菌が関わっているのではないかと疑われています。

治療

ポリープが見つかったら、良性か悪性かを調べるために内視鏡検査と生検(生体検査)を行います。内視鏡を使って摘出することも可能ですが、ピロリ菌の除菌治療でポリープの多くは消失してしまいます。
ポリープが見つかったことがある場合は、定期的に検診を受けるようにしましょう。

そのほかの胃の病気、胃の状態や症状

製薬会社エーザイの胃ぐすり
製品情報

弱った胃を粘液のベールで整える

胃がスーッとなる緑の胃ぐすり

知っていると安心!家庭の胃学