知っていると安心!家庭の胃学

主な胃の病気、胃の状態や症状病気かな?と心配する前に

胃潰瘍

胃潰瘍は、胃酸(食べ物を粥状に消化するために分泌)がなんらかの原因によって胃粘膜まで消化してしまい、胃壁がただれて傷つき、ひどいときには筋肉までえぐりとってしまった状態です。

  • 症状の三大特徴は、痛み、過酸症状、出血といわれます。
  • 治癒と再発をくり返す潰瘍は、ピロリ菌感染による影響も指摘されています。

症状

  • みぞおちから左にかけての鈍い痛み。痛みの程度は人によってさまざまで、全く痛みを感じない人もいる。痛みを感じるのは食事中や食後。
  • 胸焼け、すっぱいゲップ、吐き気などを感じる。
  • 黒褐色の血を吐いたり、コールタールのような黒い便が出るときは、胃の出血を起こしている可能性がある。

原因

健康な胃は、胃酸から胃を守るために胃粘液を分泌して胃粘膜の表面を覆っています。通常、胃酸の分泌と胃粘液の分泌とはバランスがとれていますが、過労や精神的なストレスなどで自律神経の働きが乱れると、胃酸と胃粘液のバランスがくずれて胃酸が多すぎる状態となります。その結果、胃酸が胃の粘膜を傷つけて潰瘍ができます。
また、脳や肺、肝臓などの慢性病や、解熱消炎鎮痛薬、降圧剤などを継続して服用していると胃酸過多な状態になり、胃潰瘍の起きる原因になることもあります。

治療

バリウム検査や内視鏡検査で潰瘍が見つかったら、がん細胞がないか直接組織をとって調べます。がん細胞がなければ、ほとんどは胃酸を抑える薬と食事療法を含む生活指導で治療します。最近は出血をおこしている場合にも効力を発揮する強力な薬がありますので、かつてのように入院や手術の必要な患者さんは減ってきています。
しかし、胃に穴があいてしまった場合は、手術が必要になります。
また、ピロリ菌感染が原因の場合は、医師の処方に従った薬剤の服用により除菌を行うことが可能です。

胃潰瘍の状態イメージ図

そのほかの胃の病気、胃の状態や症状

製薬会社エーザイの胃ぐすり
製品情報

弱った胃を粘液のベールで整える

胃がスーッとなる緑の胃ぐすり

知っていると安心!家庭の胃学