知っていると安心!家庭の胃学

主な胃の病気、胃の状態や症状病気かな?と心配する前に

慢性胃炎

慢性胃炎は、胃粘膜の状態によって、表層性[ひょうそうせい]胃炎(胃粘膜表面で軽い炎症のある状態)、びらん性胃炎(炎症により胃粘膜表面がえぐれた状態)、萎縮性[いしゅくせい]胃炎、肥厚性[ひこうせい]胃炎(胃粘膜表面が正常より厚く見える状態)と分けられます。そのうち一番多いのは萎縮性胃炎といって、胃粘膜の炎症が長く続いたために胃粘膜自体が萎縮し薄くなっている状態の慢性胃炎です。また、最近では胃粘膜に何の異常も見られないのに慢性的に胃の不快症状を引き起こす、NUD(Non-ulcer Dyspepsia:潰瘍のない消化不良)も見られます。

NUDとは
胃もたれや胸焼け、胃痛、吐き気など、なんとなく胃の調子が悪く、その不快な症状が長く続いている。
このように、慢性胃炎のような症状があるにもかかわらず、検査をしても胃粘膜に何も異常が発見されなかったり、発見されても症状とあまり一致しないようなことがあります。これらはNon-ulcer Dyspepsia(潰瘍のない消化不良)あるいはFunctional Dyspepsia(機能性胃腸症)といわれています。症状に応じて胃酸を抑える薬や胃の運動機能を良くする薬を服用して治療します。ストレスなど精神的な原因が考えられる場合には、ストレスを軽減させるような工夫で、胃の症状が楽になることもあります。

症状

  • 常に胃に不快感がある
  • 胃もたれや食後の腹痛
  • 時に空腹時痛
  • 食欲不振
  • 胸焼けや吐き気などの自覚症状がある
  • なかにはほとんど自覚症状のない場合もある

原因

慢性胃炎は、胃に刺激がくり返し加わることで慢性的に炎症を起こしている状態です。

  • 過度の喫煙や飲酒などが続いた時
  • 加齢による胃の老化
  • ピロリ菌の感染

治療

バリウム検査や内視鏡検査で胃の中の状態を観察し、炎症を起こしている胃粘膜の状態に応じて治療を行います。胃酸の分泌を抑える薬や胃腸機能を調整する薬が使われます。
慢性胃炎は薬の服用をやめると再発することがあります。自覚症状がなくなったからといって「治った」と自己判断しないで、医師の指示のもと、きちんと薬の服用を続けましょう。
また薬だけでなく、規則正しい生活を送り、胃に負担をかけない食事を心がけることが大切です。

そのほかの胃の病気、胃の状態や症状

製薬会社エーザイの胃ぐすり
製品情報

弱った胃を粘液のベールで整える

胃がスーッとなる緑の胃ぐすり

知っていると安心!家庭の胃学