主な胃の病気、胃の状態や症状

急性胃炎

急性胃炎は、さまざまな原因で起きる胃粘膜の炎症で、日常的にも起こりやすい病気です。例えば、コーヒーや緑茶などの嗜好品や唐辛子などの香辛料の摂りすぎ、風邪薬や鎮痛剤などの影響が原因となる場合もあります。多くの場合、1日安静に過ごすことや、2〜3日市販の胃腸薬を服用することで治ります。しかし、症状の程度によっては緊急に専門医の診断が必要な場合もありますので、充分な注意が必要です。

  • 日常的に起こります
  • 急性胃炎を繰り返していると、慢性胃炎になります

症状

  • 胃のあたりに不快感や痛みなどがある
  • 胃のむかつきや嘔吐(時には吐血することも)
  • 食欲不振

原因

大きくわけて、暴飲暴食やストレスなどの刺激によるものと、感染症やアレルギーなど体の中からのものが上げられます。

刺激によるもの
  • アルコール、コーヒー、香辛料、冷たいもの、熱いものなど刺激物の過量摂取
  • 薬(アスピリンや抗生物質、非ステロイド性抗炎症剤、副腎皮質ステロイド剤など)の副作用
  • ストレス
  • タバコの吸いすぎ
  • 不規則な生活
  • 強酸、強アルカリなどの腐食性薬物などを飲んでしまったとき
体の中からのもの
  • 消化器の病気以外の感染症(カゼやインフルエンザなど)
  • 牛乳や卵、青魚などのアレルギー

治療

原因がはっきりしている場合は、その原因を取り除きます。その後は症状にあわせた薬を服用します。
半日から一日(1〜2食)絶食して胃を休めますが、ぬるま湯などで水分は補うようにします。症状が軽いときは、これだけで楽になることが多いようです。食べられるようになったら、おかゆ、うどんなどやわらかい食事からだんだんと普通の食事にもどします。しばらくは、アルコールやコーヒー、カレーなど刺激の多い食品は避けましょう。

こんなときは、できるだけ早く専門医を受診しましょう。

  • 激しい嘔吐などがあるとき
  • 強酸、強アルカリなど腐食性薬物を飲んだとき
  • 感染症やアレルギーによる胃炎

激しい痛みなどを伴う場合や症状を繰り返すような場合には、専門医の診断を受けましょう。

そのほかの胃の病気、胃の状態や症状

家庭の胃学(急性胃炎・胃がんなど)

主な胃の病気、胃の状態や症状
急性胃炎
慢性胃炎
胃潰瘍
胃がん
ポリープ
逆流性食道炎
食中毒
胃下垂・胃アトニー
胃けいれん
胃拡張
不安解消。病院で行う胃の検査
バリウム検査
(X線・レントゲン)
内視鏡検査
ピロリ菌検査

胃の状態をチェック!

家庭の胃学

胃のサイエンスは、セルベール・サクロンの商品情報やCM紹介をはじめ、あなたの胃のもたれ、痛み、むかつき、膨満感、二日酔いなどの不快症状の原因や対処法について解説する胃の総合情報サイトです。胃薬の正しい飲み方・選び方、胃の病気についても解説しています。

胃のサイエンスは、胃のもたれ、痛み、吐き気、膨満感、重み、胸焼け、食欲不振、二日酔いなどの不快症状の原因や対処法、胃の病気や検査について解説しています。