知っていると安心!家庭の胃学

病院で行う胃の検査どんな検査?と心配する前に

ピロリ菌検査

ピロリ菌の検査には、内視鏡を使って直接胃の組織を調べる方法と、呼気(吐く息)を採ってその中に含まれている二酸化炭素を調べる方法、血液や尿で抗体をみる方法の三つがあります。

内視鏡を用いる方法

  • 培養法
    胃の組織を採って、ピロリ菌の発育しやすい環境で4~5日間培養して判定します。
  • 鏡検法
    胃の組織を染色して標本化して、顕微鏡でピロリ菌を探します。1週間ほどかかります。
  • 迅速ウレアーゼ試験法
    ピロリ菌が持つ酵素(ウレアーゼ)が尿素を分解してアンモニアを作る働きを利用します。アンモニアがあると赤くなる試薬を用いて、胃の組織のpHを調べます。

内視鏡を用いない方法

主に、ピロリ菌の除菌後の判定に使われます。

  • ピロリ菌抗体法
    血液や尿、唾液などを採って、ピロリ菌に感染したときにできる抗体の有無を調べます。
  • 尿素呼気検査法
    ピロリ菌が、胃の中で尿素をアンモニアと二酸化炭素に分解する働きを利用した検査法です。
    尿素を口から投与して、15~20分後に呼気を採取します。呼気中にある二酸化炭素の比率でピロリ菌の有無を調べます。精度が高くて簡単なので、今後主流になるといわれています。

そのほかの病院で行う胃の検査

監修 : 正恵会 上田胃腸クリニック 上田 治 先生

製薬会社エーザイの胃ぐすり
製品情報

弱った胃を粘液のベールで整える

胃がスーッとなる緑の胃ぐすり

知っていると安心!家庭の胃学