知っていると安心!家庭の胃学

病院で行う胃の検査どんな検査?と心配する前に

内視鏡検査

「胃カメラ」ともいわれます。内視鏡を口から胃の中に入れて、先端についている超小型のカメラで胃の中の様子を直接モニター画面に映し出して観察します。技術の進歩により、内視鏡はとてもコンパクト(細いものは外径約5mm)になり、以前ほど苦しい思いをすることなく検査が受けられるようになりました。
最近は、先端に超音波の出る装置をつけて、胃壁の超音波検査も行うことができるようになりました。この場合、普通の内視鏡よりは少し太くなります。

検査の手順

  1. のどの痛みを抑えたり、嘔吐反射が起きないように、のどにゼリー状の局所麻酔薬を塗ります。
  2. 胃の動きを止める注射をします。
  3. 体の左側を下にして横向きに寝ます。
  4. 内視鏡の管を医師が挿入します。ゆっくりと静かに腹式呼吸をくり返すと楽に検査が受けられます。
  5. 空気を入れて胃をふくらませます。ゲップを出さないように深呼吸をして我慢しましょう。

※施設によっては、静脈麻酔をしてから内視鏡検査を行うこともあります。

注意

検査日前日は、早めに夕食をすませ、検査当日は、絶食で胃の中を空っぽの状態にしておきます。お茶や水はとってもかまいません。
緊張するとかえってうまくいきません。体の力を抜いて医師の指示に任せましょう。
検査後はのどがしびれています。食事はしびれがとれて少量の水を飲んでもむせないようになってからとりましょう。

<生検(生体検査)>
内視鏡検査時に胃粘膜から直接組織を採って調べる「生検(生体検査)」を行うこともあります。痛くはありませんが小さな傷ができますので、2~3日はアルコールや刺激物の摂取は避けてください。

そのほかの病院で行う胃の検査

監修 : 正恵会 上田胃腸クリニック 上田 治 先生

製薬会社エーザイの胃ぐすり
製品情報

弱った胃を粘液のベールで整える

胃がスーッとなる緑の胃ぐすり

知っていると安心!家庭の胃学