不安解消。病院で行う胃の検査

バリウム検査(X線・レントゲン)

胃の形や影などを見るために行います。X線はそのままだと胃を透過してしまうので、X線を通さないバリウム(造影剤)を飲んでから撮影します。胃潰瘍や胃がんの検査では、さらに胃を空気や炭酸ガスでふくらませて黒く写る部分を作り、白く写るバリウムとのコントラストで細かな病変を写し出す「二重造影法」が用いられます。

検査の手順

  1. 顆粒の発泡剤を少量の水で飲みます。
  2. バリウムをひとくち含み、そのまま一気に飲み込みます。
  3. 残りのバリウムをすべて口に含み、指示に従って飲み込みます。
  4. 台が後ろに倒れ、体を仰向けやうつぶせ、左右に回転させるなどの指示が出されます。バリウムを胃壁全体に薄く付着させるためです。
  5. 様々な角度から撮影が行われます。呼吸すると胃が移動するのでブレを防ぐために「息を止めてください」という指示があります。
  6. 検査後はなるべくたくさんの水と一緒に下剤を飲み、バリウムが固まる前に体外に排出させます。

注意

検査日前日は、早めに夕食をすませ、検査当日は、絶飲絶食で胃の中を空っぽの状態にしておきます。
発泡剤を飲むとゲップをしそうになりますががまんしましょう。
妊娠している人は、胎児に影響を与える場合があるので受けられません。

そのほかの病院で行う胃の検査

家庭の胃学(急性胃炎・胃がんなど)

主な胃の病気、胃の状態や症状
急性胃炎
慢性胃炎
胃潰瘍
胃がん
ポリープ
逆流性食道炎
食中毒
胃下垂・胃アトニー
胃けいれん
胃拡張
不安解消。病院で行う胃の検査
バリウム検査
(X線・レントゲン)
内視鏡検査
ピロリ菌検査

胃の状態をチェック!

家庭の胃学

胃のサイエンスは、セルベール・サクロンの商品情報やCM紹介をはじめ、あなたの胃のもたれ、痛み、むかつき、膨満感、二日酔いなどの不快症状の原因や対処法について解説する胃の総合情報サイトです。胃薬の正しい飲み方・選び方、胃の病気についても解説しています。

胃のサイエンスは、胃のもたれ、痛み、吐き気、膨満感、重み、胸焼け、食欲不振、二日酔いなどの不快症状の原因や対処法、胃の病気や検査について解説しています。