セルベール・サクロンのご案内製品情報

サクロン物語

その道のプロがガイドするサイト
All About Japan で掲載された内容です。

新しい時代を求めた日本に訪れた苦境の時
栄光からの転落がビジネスマンの胃を苦しめた

サクロン70's~【第二話】気づいたら、サクロン

1970年、日本は本当の豊かさを信じていた。

眩い光のモニュメント。現在もその塔は、大阪千里の地を見下ろしている。77ヶ国が参加し、6ヶ月183日間に6,420万人が体験した「大阪万国博覧会」の象徴、「太陽の塔」。それは、60年代、東京オリンピックを成功させ、GNPを世界第2位にまで押し上げた自信と、揺るぎない実力、そして時代の勢いがつくり出したものだった。

4世帯に1台まで増加したマイカー普及台数、続々と創刊されるファッション誌、「モーレツからビューティフルへ」「ディスカバー=ジャパン」などの流行フレーズ・・・。働き過ぎだった60年代から、ゆとりを求める「豊かな日本人」への移行が果たせる。1970年、そう誰もが信じていた。

高度成長は東京にスモッグももたらした(1974年11月)

高度成長は東京にスモッグももたらした
(1974年11月)

苛立つ日本。「本当の豊かさはまだ遠い未来なのか?」

しかし、そこには厳しい現実が待ち受けていた。71年の「ドル・ショック」、翌72年のベストセラー『日本列島改造論』が引き金となった地価暴騰、浅間山荘事件、翌73年には「オイルショック」が日本を襲った。スーパーマーケットで、ガソリン、トイレットペーパーなどに殺到する人々・・・、今でも20世紀を振り返る時には必ず登場する。
この時期、物価上昇の余波は、砂糖、牛肉などの食品にも及び、前年同月比で50%前後もの高騰ぶりを記録している。そして翌74年、経済実質成長率の「戦後初マイナス成長」。

時代のムードからは「モーレツ」60年代のひたすらな前向きさがなりをひそめ、例えば歌謡曲では明るく元気な恋愛ソングよりも、「いい日旅立ち」のように、寂しい別れの中にも次なる希望を、といった「しっとりイメージ」の歌が人気を集めた。

『本当の豊かさってさぁ、いったいどこにあるっていうんだ!』
暗さを増す70年代の渦中にあったビジネスマン。その『やるせない気持ち』は、苛立ちをぶつけるかのようにかき鳴らされるアコースティックギターの音とフォークソングに乗せて、お酒やタバコのペースを加速した。

ガソリンが街々から消えていったオイルショック(1974年11月)

ガソリンが街々から消えていった
オイルショック(1974年11月)

“そりゃ胃に悪いぜ~。胃に悪い、ウ~ン胃に悪い。”

72年、『サクロン・S』テレビコマーシャルで放映されたキャッチフレーズ。
ビジネスマンのやるせない気持ちに向かって、まるで親しい友人が自分の「胃」を気遣い、肩をポンと叩くような暖かさで、サクロンが、そう語りかけているようであった。

さらにキャッチフレーズはこう続く。
“あ、こりゃイイんだよ~サクロンじゃないか~。こりゃイイんだよ~。”

70年代のサクロンパッケージ

70年代のサクロンパッケージ

60年代、身体も胃も酷使したモーレツ社員にスーッと効いた緑の胃ぐすり『サクロン』は、ジレンマに苛立つ70年代を迎えても、ビジネスマンのやるせない気持ちを代弁し、不快な胃にスーッと効いた。

医療の現場で患者をいたわる気持ちが、ビジネスマンを気遣うサクロンの開発哲学やコマーシャル創りにも活かされたのであろう。あえてこの70年代に、親身な暖かい想いを「緑の胃ぐすり」と標榜したことは、当時のビジネスマンにとって、サクロンがより自らの心情の反映されたブランドとして、感じられるようになったことにつながったものと思われる。実はこのコマーシャルをはじめとしたサクロンならではの「いたわり」「気遣い」は、現在のエーザイ株式会社の企業理念につながるものがある。この「いたわり」「きづかい」は、“苛立ちの70年代”から幾年もの時間を乗り越え、サクロンのプロモーションに脈々と引き継がれていくのである。

もちろんこの連載シリーズの中でも、この先詳しく触れていくつもりだが、興味があれば、エーザイのホームページをひと足先に覗いてみてはいかがだろうか。

Copyright(c) 2001-2004 All About, Inc. All rights reserved.
掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。

サクロン 製品情報

ムカムカ、胸やけ、
飲みすぎに

サクロン

ムカムカ、胸やけ、
飲みすぎに

サクロン錠

胃痛、胸やけ、飲みすぎに

サクロンS

胃粘膜への刺激による、
ムカムカ、はきけ、胃痛に

サクロンQ

セルベール・
サクロンのご案内
製品情報