セルベール・サクロンのご案内製品情報

セルベール・サクロン工場見学

おくすりのできるまで

粒にする(造粒)

粒にする(イメージ図)

料理でいう裏ごしのように、練り合わせた原料を編み目から押し出して、粒を造ります。この時点では、まだ湿っているため、粒と粒がつながっていたりして、実際の製品の粒よりも若干大きめです。

おくすりのできるまでに戻る

乾燥

乾燥(イメージ図)

湿った粒を大きな箱に入れて振動させます。振動によって粒が飛び跳ねて箱の中を移動する間に、弱い熱風(約80℃)で乾燥させて製品に近い形のパラパラの粒にします。
このあと、ふるいにかけて粒の大きさをそろえます。

おくすりのできるまでに戻る

箱詰

箱詰(イメージ図)

箱詰めの工程でも何度も検査を行います。1つずつ、重さを量って、重すぎるものや、軽すぎるものは製品にならないよう排出します。また、製造番号がきちんと打たれているかも、ビデオで監視しています。

おくすりのできるまでに戻る

製薬会社エーザイの胃ぐすり
製品情報

弱った胃を粘液のベールで整える

胃がスーッとなる緑の胃ぐすり

セルベール・
サクロンのご案内
製品情報