今すぐ知りたい!胃の症状と対策

今すぐ知りたい!胃の症状と対策胃の不快症状の原因を探る

胃の働きに影響を与える要因

喫煙

一般にタバコを吸うと血管が収縮し血行が悪くなると知られています。胃の血管も同じこと。胃粘膜には毛細血管がはりめぐらされていて、喫煙によりこの血流量が減ると胃粘膜は酸素欠乏を起こし、機能低下や胃粘膜の抵抗力低下につながります。喫煙が習慣になっていると、その状態が慢性的に続くので、潰瘍化しやすく、再発もしやすくなります。
また、喫煙により胃粘膜内のプロスタグランジンが減ることもわかっています。プロスタグランジンは胃の防御因子として働いていますので、これも攻撃と防御のバランスの崩れにつながります。
さらに、タバコを吸う人の中には、胸焼けを感じる人が多いようです。
これは喫煙により、胃が十二指腸と接する部分の筋肉(幽門括約筋)の機能を司る自律神経が乱れ、十二指腸液や胆汁が胃へ逆流するためです。その結果、胆汁などによって胃粘膜が傷つけられてしまいます。

喫煙

製薬会社エーザイの胃ぐすり
製品情報

弱った胃を粘液のベールで整える

胃がスーッとなる緑の胃ぐすり

今すぐ知りたい!胃の症状と対策