今すぐ知りたい!胃の症状と対策

今すぐ知りたい!胃の症状と対策胃の不快症状の原因を探る

胃の働きに影響を与える要因

お薬

かぜ薬や解熱鎮痛薬を服用して、胃の調子が悪くなってしまうことがあります。
その場合、二つの原因が考えられます。
一つは空腹時にお薬を服用することで、胃が食べ物と勘違いして胃酸を分泌させてしまい、胃粘膜が荒れるためです。
もう一つが、薬に含まれている成分によるものです。
アスピリンやイブプロフェンなど「非ステロイド性消炎鎮痛薬」とよばれる解熱鎮痛薬は、体内のある酵素の働きを止めて、痛みのもととなる物質「プロスタグランジン」を作らせないようにするお薬です。しかし、実はこのプロスタグランジンには胃粘膜の血流を良くしたり細胞を修復したりする胃の防御因子としての働きがあります。そのため、プロスタグランジンが作られないと胃粘液の合成力が低下したり、胃粘膜が弱くなることから、胃酸の攻撃に耐えられなくなってしまうのです。

また飲み薬だけではなくニキビや湿疹・皮膚炎の外用剤、肩こりや筋肉痛に使われる外用剤にも、非ステロイド性鎮痛剤、抗炎症剤で同じ作用を持つものがあります。決められた用法・用量での使用では問題はありませんが、広範囲や大量、頻繁に使用する場合や、損傷した皮膚からの吸収により、全身性の副作用が起こる可能性もあります。

お薬

製薬会社エーザイの胃ぐすり
製品情報

弱った胃を粘液のベールで整える

胃がスーッとなる緑の胃ぐすり

今すぐ知りたい!胃の症状と対策