今すぐ知りたい!胃の症状と対策

今すぐ知りたい!胃の症状と対策胃の不快症状の原因を探る

胃の働きに影響を与える要因

ストレス

ストレスは体にさまざまな影響を及ぼしますが、特に胃との関連が深いといわれています。
大きな影響の一つとして、自律神経(交感神経と副交感神経)の働きを乱すことがあげられます。
通常、副交感神経が刺激を受けると、胃酸の分泌が増えます。一方、交感神経が刺激を受けると胃の血管が収縮して血流量が減り、胃の運動や胃酸・胃粘液の分泌が減少します。ストレスにより、この調整機能が乱れ、これらの現象が必要以上にくり返されることがあります。すると、胃の中の細い血管が傷つけられたり、活性酸素が過剰に発生することで、胃潰瘍などを引き起こすことがあります。 さらに、ストレスは喫煙・飲酒・食行動などの生活習慣を「ストレス解消」の名の下に悪くする要因となることも見逃せません。

活性酸素とは

活性酸素とは「酸化力が強い酸素」のことで老化の原因と言われています。
活性酸素は、通常、私たちの体内に侵入してきた細菌などの病原体を排除する作用を持ち「免疫力」として働きますが、ストレス・タバコ・アルコール・紫外線・排気ガス・農薬・食品添加物・薬などの化学物質など様々な要素により体内で活性酸素が過剰に発生し、細胞を傷つけることで、胃潰瘍やがんの原因になるとも言われています。

製薬会社エーザイの胃ぐすり
製品情報

弱った胃を粘液のベールで整える

胃がスーッとなる緑の胃ぐすり

今すぐ知りたい!胃の症状と対策