知ってびっくり!胃の世界

教えてかっちゃん!

vol.07 なぜ胃は溶けないのか?

胃のサイエンスでは「胃粘液バリアー」のコーナーを8月に新設しました。すでに、お読みいただけましたか?

身体の内側にある臓器の中で、外部の刺激を直接受ける臓器に、消化器官があります。口腔から、食道、胃、腸、肛門までの約7mの1本の管になっています。消化器官では、食物を栄養素として吸収するため、各臓器では各々異なる働きを行っています。
胃では、食物を腸で吸収しやすいように消化(分解)する働きを行います。消化の仕組みとしては、胃酸などが分泌されて行われる「化学的消化」と蠕動(ぜんどう)運動による「機械的消化」が行われています。胃酸や食物を蠕動運動により混ぜ合わせる運動が消化運動です。
化学的消化では、pH1~2の強酸性の胃酸やペプシンという蛋白質を分解する酵素の働きをかりて、食物の分解が行われます。胃酸は、食物を分解するだけではなく、食物等と同時に摂取された細菌などを殺菌する役割も担っています。

強酸性の液体を使った化学の実験を学生時代に行った経験ありませんか?鼻にツーンとくる匂い。衣服につけて穴を開けてしまったこと。手につけてヒリヒリしたことはありませんか?
胃では自ら酸やペプシンを作りだしています。では、胃も蛋白質なのになぜ溶けないのでしょうか?
胃酸などが直接胃粘膜に接触することで、胃粘膜は炎症を引き起こすことがあります。この症状がひどくなると、潰瘍につながります。

胃自体が影響を受けない理由には、"胃粘液"の存在があります。胃粘液は、胃酸同様に胃で作られ、胃粘膜の表面を約1mmにも満たない薄いベールとなって覆っています。胃粘液は、胃酸などの働きを中和すること、アルコールや薬剤などの刺激から胃粘膜をガードすることが主な役割です。

"No mucus ,No protection"(粘液のないところでは、防御は成立しない)、「健康な胃は胃粘液に守られている」のです。常に胃酸などの消化因子と胃を守る防御因子のバランスが大切なのです。

胃の不快感の原因のひとつと考えられる胃粘液の減少について、また胃粘液を増やす方法については、「胃粘液バリアー」でご紹介します。
是非一度、ご一読ください。

消化因子と防御因子のバランスイメージ図

製薬会社エーザイの胃ぐすり
製品情報

弱った胃を粘液のベールで整える

胃がスーッとなる緑の胃ぐすり

知ってびっくり!胃の世界