知ってびっくり!胃の世界

教えてかっちゃん!

vol.06 飲みすぎ、二日酔い

お酒は、会話を弾ませたり、食事を楽しむキッカケになります。しかし、ついつい楽しい席で飲酒量が過ぎてしまうと、次の日には胃痛や胸焼けなどイヤ~な二日酔いの症状が待っています。
飲みすぎによる、胃痛、胸焼けの原因やその対策についてお話ししましょう。

1.飲みすぎると胃ではなにが起きているの?

飲みすぎによる胃痛、胸焼けなどの胃の不快症状は、お酒(アルコール)の多量摂取が原因です。アルコール度数の高いお酒を飲むと胃のあたりが熱く感じませんか? 熱いお茶を飲んでも熱さを感じないのになぜでしょう。
胃は本来、粘液のベールが胃の内側を覆っていて、いろいろな刺激から守られています。しかし、アルコールは分子のサイズが小さいため、粘液のベールを通り抜けてしまい、胃自体に刺激を与えてしまいます。このような時、胃の表面は炎症を起こして"胃痛"の原因になっていることがあるのです。
また、アルコールは胃粘膜を刺激して、食べた物を消化するための胃酸の分泌を促します。胃酸はpH1~2の強酸性で、この強い酸から胃粘膜を守っているのも粘液です。ところが、アルコールの刺激で胃粘膜が弱っていると、胃粘膜は胃酸の刺激を受けやすくなってしまいます。そして、胃酸の分泌が多くなると"胸が焼ける""酸っぱいものが逆流する"などの不快症状を引き起こす原因になります。

2.翌朝、吐き気があったりするのはなぜ?

アルコールは胃や腸から吸収され、肝臓で処理されて、アセトアルデヒドに変わり、筋肉や脂肪組織に運ばれて二酸化炭素と水に分解され、呼気や尿となって身体の外へ出ていきます。しかし、アルコール量が多いと、分解しきれなかったアセトアルデヒドは血中を回り、吐き気や頭痛の原因となるのです。

3.予防方法はあるの?

確実な予防方法はありませんが、対応方法としては、酒の肴に良質のタンパク質(枝豆、納豆、豆腐、カキフライ、アサリの酒蒸しなど)をとること、イッキノミは避けること(肝臓は1時間に日本酒にして0.3合程度の処理能力しかない)、お酒とは別に水分を補給することなどがあげられます。

4.もし、飲みすぎによる胃の不快感を感じたらどうする?

飲みすぎによる胃痛、胸焼けをなんとかしたい時には、アルコールで荒れて傷ついた胃自体を修復する働きのある胃薬がお奨めです。傷ついた粘膜を修復する成分(銅クロロフィリンカリウムなど)が配合されている、また出すぎた胃酸を中和したり過剰な分泌を抑制する制酸成分(水酸化マグネシウム、無水リン酸水素カルシウムなど)が配合されている胃薬があります。
また、吐き気を止めたい場合には、鎮痛鎮痙成分(オキセサゼイン)が配合されている胃薬がお奨めです。
いずれも症状に合わせて胃薬を選ぶことが大切です。「飲んだら、サクロン」飲みすぎなどによる胃の不快症状にサクロンシリーズがお役に立ちます。

製薬会社エーザイの胃ぐすり
製品情報

弱った胃を粘液のベールで整える

胃がスーッとなる緑の胃ぐすり

知ってびっくり!胃の世界