知ってびっくり!胃の世界

教えてかっちゃん!

vol.03 肌のお手入れのように、胃にもお手入れが必要です

お肌の表面は角質層で覆われています。健康的なお肌の角質層は、レンガがキレイに積み上げられた壁(層)のようになっていて、外界からの紫外線、化学物質、細菌・微生物などの異物侵入を防ぎ、守っています。ストレスや体調不良は、角質層の状態に大きく影響を与えます。場合によっては角質層が乱れて、肌荒れ状態を起こします。そのような場合には、スキンクリームなどを用いてお肌の表面を美しく整えることができます。必要な栄養を外から補給して、お肌の状態をよくするわけです。

「守っている」と言えば、胃もいろいろな刺激から守られています。胃にとっての刺激とは何でしょうか?
例えば、胃酸。胃酸は、食べ物を消化する上で不可欠なものです。pH1~2の強酸性の液で、胃の中で2~4時間かけて食べた物を柔らかくする働きがあります。しかし、この胃酸、必要以上に分泌されていたら、どうなるでしょうか。胃そのものを溶かしてしまうことも考えられます。胃酸は食べ物を消化する上で、なくてはならないものですが、場合によっては胃そのものにとって大敵にもなるのです。
健康な胃では、胃粘膜の表面が胃粘液の層で覆われています。強酸性の胃酸を中和し、胃自らを守っています。

その胃粘液もストレスや体調の影響、また加齢の影響を受けて不足することがあります。30歳よりも40歳、40歳よりも50歳と年齢を重ねるほど胃粘液が不足する傾向にあります。なんとなく胃に不調感を感じるようなら、もしかしたらその原因は胃粘液不足かもしれません。

胃にとってのスキンクリームがわりの胃粘液。「近頃なんとなく胃の調子が悪いなぁ」と感じたら、胃粘液の分泌を活発にする胃薬を試してみるのもよいでしょう。

製薬会社エーザイの胃ぐすり
製品情報

弱った胃を粘液のベールで整える

胃がスーッとなる緑の胃ぐすり

知ってびっくり!胃の世界