知ってびっくり!胃の世界

教えてかっちゃん!

vol.02 胃は「お粥づくり」専門のレストラン!?

お粥は風邪を引いて食欲が無いときや、お正月の七草粥のように食べ過ぎたり飲みすぎた胃をいたわるために食べたりします。
ヒトは以前より、お粥が胃腸の消化に優しいことを知っています。

普段、胃には、沢山のいろいろな食材が運ばれてきます。和食・洋食・中華料理などジャンルを問わず、私達の元気のモト(栄養)になる大切な食材です。
胃は、腸での栄養吸収が効果的に行えるよう、それらの食材をお粥状に加工しています。
調理のための道具は、食物繊維などの硬いものを柔らかくする「胃酸」、蛋白質などを分解する「ペプシン(酵素)」、そして各種食材と胃酸やペプシンなどとを混ぜ合わせる「蠕動(ぜんどう)運動」です。
通常、元気な胃では、食後、約4時間ほどかけてお粥作りを終了しますが、胃が弱っているときは、この作業がうまくいきません。

胃の具合が今ひとつのときには、あたたかいお粥を食すのもいいですが、お粥のお世話にならなくとも、胃をしっかりと活動させて、胃のなかで上手にお粥が作れるよう心がけましょう。

かっちゃんの豆知識

お粥は、胃に負担をかけないように最初からお粥状になっています(当たり前ですが)、お粥は低めの温度(50~60度)で作るのがおいしくできるとされていますが、この温度も胃にやさしい一因です。
胃は普通は38度くらいの温度ですが、冷たいものを摂ったり、おなかを冷やすと活動が弱まります(35度以下ではうまく働きません)。
お粥の温度は高すぎず低すぎず、胃にもやさしい温度になっています。

製薬会社エーザイの胃ぐすり
製品情報

弱った胃を粘液のベールで整える

胃がスーッとなる緑の胃ぐすり

知ってびっくり!胃の世界