知ってびっくり!胃の世界

二日酔い対策研究所

リサーチ01
徹底解明!「酔い」って何?(Part1)

二日酔い対策を考える前に、まず「酔い」について知っておきましょう。

酔いのメカニズム
「身体の中に入ったアルコールはどこへ行く?」

お酒を飲むと、そのアルコールはどうなるのでしょうか?

  • ①摂取したアルコールは、まず胃や腸の壁から吸収されます。
  • ②血液にのって全身を回ります。(この量によって、酔いの程度が決まる)
  • ③肝臓で体外に排出しやすい形に変えられます(代謝)。
     酵素などの働きによりアルコールからアセトアルデヒドその後アセテートに分解されます。
  • ④筋肉や脂肪組織でさらに水と二酸化炭素に分解されます。
  • ⑤尿などで体外に排出されます。
     大部分のアルコールは肝臓で代謝されますが、少量ながらも呼気や尿からもそのまま排出されます。

アルコールを代謝する時間
「どのくらいかかるの?」

基本的には、酔いの程度は血液中のアルコール濃度に比例します。肝臓が早くアルコールを処理してくれれば、いくらでも飲めるのに!と思っている人もいるかもしれませんね。
個人差はありますが、体重60kgの人がビール大瓶1本を飲酒すると、酔いがさめるまで約3時間かかるといわれています。つまり1時間にアルコール約10cc程度しか分解することはできません。これを他の酒のアルコール量に換算すると、日本酒なら1合、ウィスキーならシングルで2杯程度となります。多いですか?それとも足りない?

二日酔いの原因
「二日酔いはどうして起きるの?」

では、どうして二日酔いが起きるのでしょうか。
その原因は、アルコールが分解されてできる「アセトアルデヒド」にあります。
実は、アセトアルデヒドは毒性を持つ物質。そのため、血中にアセトアルデヒドが増加するとその毒性により、身体に様々な症状が現れます。これが二日酔いです。
さらに、アルコールによって脱水症状になることから渇きを感じたり、脳の神経細胞にも影響を与えることから頭痛が起きるといわれています。

製薬会社エーザイの胃ぐすり
製品情報

弱った胃を粘液のベールで整える

胃がスーッとなる緑の胃ぐすり

知ってびっくり!胃の世界