知ってびっくり!胃の世界

粘液生き物図鑑

モウセンゴケ

昆虫を生きる糧に モウセンゴケ

沼地のグリーンハンター(食虫植物)モウセンゴケ。葉から伸びた長い腺毛は透明の粘液で覆われています。粘液の甘い香りに誘われ触れたが最後、昆虫はモウセンゴケの餌食となります。ワナにかかった昆虫を包み込むように葉が丸くなり、特殊な消化液を分泌して昆虫の栄養分を吸収します。まるで、胃や腸のようです。

モウセンゴケはたった1匹の昆虫を捕らえるだけで、数年間生き延びることができるともいいます。1日3食必要な人間からすれば、なんとも不思議な話です。

製薬会社エーザイの胃ぐすり
製品情報

弱った胃を粘液のベールで整える

胃がスーッとなる緑の胃ぐすり

知ってびっくり!胃の世界