知ってびっくり!胃の世界

粘液生き物図鑑

クロオオアリ

アリがチョウを育てる話 クロオオアリ

アリは、他の虫を襲うこともあり、昆虫にとっては恐ろしい存在です。ところが、チョウの一種、クロシジミの幼虫は、クロオオアリの巣の中で、クロオオアリからエサをもらって大きくなります。なぜなら、この幼虫が背中にある分泌器官から出す甘い粘液(蜜)がクロオオアリのエサになるからなのです。自分たちよりも何倍も大きい幼虫を巣穴に運び込み、せっせとエサを与える様子は、まるで人間が牛を育てて牛乳を飲んでいるようなものなのです。

製薬会社エーザイの胃ぐすり
製品情報

弱った胃を粘液のベールで整える

胃がスーッとなる緑の胃ぐすり

知ってびっくり!胃の世界