知ってびっくり!胃の世界

胃と暮らしのワンポイントアドバイス

胃年齢と胃の機能の変化

年齢とは、「その人が生まれてから現在までの年数」のこと。しかし、実年齢を示すもの以外に精神年齢・体力年齢・脳年齢・腸年齢など異なった表現で使われることが多々あります。


監修:正恵会 上田胃腸クリニック 上田 治 先生

同じように、胃に実年齢とともに状態が変化していきます。それが胃年齢です。胃は年齢の影響を大きく受ける臓器と言われているように、若いときは元気な胃も歳を重ねることで徐々に弱ってくるのです。加齢による代表的な変化は、まず胃の粘膜自体の萎縮です。そうすると、胃粘膜を守る胃粘液を作る力が弱まってしまいます。また胃粘液量が減ってくるために、いろいろな刺激を受けやすくなってきます。
さらに胃の運動機能も低下してきます。運動機能が低下すれば消化活動は停滞し、胃内に食塊が長時間残ることにより、胃の不快感の原因のひとつになる可能性があります。下記に胃粘液の減少する様子をコンピューターグラフィック(イメージ図)を用いて示してみました。

いつまでも健康な胃で
食事を
美味しく楽しむには
どうすれば良いのでしょうか?

実は胃も年齢に応じて手当てが必要です。最も効果的な方法は胃薬の服用ですが、セルベールとサクロンでも効能が異なるようにどんな薬を飲んでも同じというわけではありません。「どんな時に不快感を感じるか?」「原因は思いつくか?」「症状はくり返して経験することがあるか?」などを参考に、症状改善に適した胃薬を選ぶことが重要です。「胃もたれなどの症状をくり返す」、「食べたい気持ちはあるけれど、食べられない」となれば、胃年齢が高くなっているサインかもしれません。
是非一度、薬剤師へのご相談をおすすめします。

製薬会社エーザイの胃ぐすり
製品情報

弱った胃を粘液のベールで整える

胃がスーッとなる緑の胃ぐすり

知ってびっくり!胃の世界