知ってびっくり!胃の世界

胃と暮らしのワンポイントアドバイス

ストレス解消で
胃の不快感ともサヨウナラ

15歳以上の人を対象にストレスの有無を調査すると、約半数がストレスを感じているという結果が報告されています。年代別に見ると、45~54歳が最も高く、55.5%となっています。


監修:正恵会 上田胃腸クリニック 上田 治 先生

では、どんなことがストレスの原因(悩み)となっているのでしょうか? ストレスを最も意識している45~54歳では、ストレスの原因は以下のとおりです。男性と女性では、ストレスの原因に違いが見られます。

ストレスの原因は、
毎日の生活の中に存在しています。

特に春先は気候の変化に加えて、生活環境の変化が起きやすい時期にあたるので、体調を崩すことも少なくありません。いろいろな原因が重なることで、変化に対して敏感になり、本来のリズムに上手く乗れなくなっているのかも知れませんね。

こんな時、眠れない、
強い疲労感、集中力が散漫になるなどの
精神的な症状のほかに、食欲不振、
胃痛などの胃部不快感を経験する方も多く見られます。

極度の緊張が起きると、胃粘膜の血管が収縮して、けいれんを起します。そうなると、血液の流れが悪くなって、粘膜細胞への栄養の供給が止まり、いろいろな刺激から胃粘膜を守っている胃粘液が作られなってしまいます。さらに、精神的緊張は、神経を刺激して胃酸などの分泌を活発にするといわれています。このように、ストレスを感じると、胃内では、胃酸などの攻撃因子と胃粘液などの防御因子の分泌バランスが崩れてしまい、胃粘膜への刺激が強くなり、胃痛や胸焼けなどの不快症状が起きるのです。

そうした時は、好きなことに
集中するなど、
気分転換が必要です。

さらに、食生活上の工夫として、カルシウム、ビタミンなどの栄養分を意識して摂取すると良いでしょう。また、胃痛や胸焼けなどの症状には、胃粘膜を保護し出過ぎた胃酸の働きを抑える胃薬を試すのも良いでしょう。

製薬会社エーザイの胃ぐすり
製品情報

弱った胃を粘液のベールで整える

胃がスーッとなる緑の胃ぐすり

知ってびっくり!胃の世界